2010年11月29日

太宰府天満宮と「梅ケ枝餅」の記憶

11月27(土)は、用事があったので福岡に行きましたが
午後から用事が終わって近くの「太宰府天満宮」へGO〜車(セダン)



20歳代の時に、主人と行った記憶があるのですが
「梅ケ枝餅」のおいしかった記憶がメインで
後はテレビの画面で出てくるメインの建物。

主人も同じ様な似た記憶で、「太宰府天満宮」って
こんなに立派な所だったんだね〜って感想です 目

駐車場に車を置いて、参道を歩きます。
「梅ケ枝餅」の食べ比べをしてみるという事で
「茶房きくち」のお餅を食べながら・・・

食べながら・・・という人を結構見かけます目

101127_1507~01.JPG
101127_1508~01.JPG

この店のあんこは、粒あんでした。
私はこしあんより粒あんの方が好き黒ハート

本殿にいくまでに「太鼓橋」を渡ります。
101127_1514~01.JPG

立派な池もあります。
101127_1513~01.JPG

少し歩いていくと、天満宮でよく見かける牛もいます。
101127_1510~01.JPG


ここも一般の神社とは違って広いですね。
101127_1516~01.JPG

101127_1518~02.JPG

101127_1519~01.JPG

101127_1529~01.JPG

本殿を出て、もう少し奥に歩いていくと
「お石茶屋」があります。

101127_1537~02.JPG

ここで「梅ケ枝餅」をもう1個。
最初に食べた所よりも、食べた感じが懐かしい。

主人も一緒に行った妹も、こちらの方が好きだな〜と
言っていましたね。

このお店は、明治時代に筑前三美人の一人といわれた
実在の美女「お石」さんが始めた茶店だそうです。

4人で食べたので、4個で420円です。

101127_1544~01.JPG

101127_1608~01.JPG

101127_1610~01.JPG

101127_1610~03.JPG

101127_1612~01.JPG

101127_1614~02.JPG

101127_1620~01.JPG

101127_1630~01.JPG

太宰府駅です。天満宮のすぐ近くなので驚き!便利です。
101127_1638~01.JPG

カードはイコカではなくて「nimoca」だって。
101127_1639~01.JPG

天満宮から少し西に車で移動すると「太宰府政庁跡」があります。
こちらもひろ〜い!
101127_1704~01.JPG

太宰府政庁跡は、九州全土を治める太宰府があった所です。

7世紀後半から奈良・平安時代を通じて九州を治め
わが国の西の守りとして防衛を、外国との交渉窓口として
重要な役割を果たしてきたそうです。

立派な礎石が残っていています。

私も1つ石の上に乗ってみたのですが、妹によると
話しかけてきたおじさんが、私が風水的に良い石の上に
乗っていたって。

こういう話は、面白いのできっと記憶に残るんだろうなるんるんるんるん

今回は「梅ケ枝餅」以外にも記憶に残る出来事
み〜つけた手(チョキ)

じゃあまたね〜黒ハート揺れるハート
posted by wakuwaku at 23:53| Comment(0) | ちょいと旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。